今、企業に必要な働き方改革を考える

社員のモチベーションを高め、生産性が上がり、さらにイノベーションが起こりやすいオフィスとはどんなものなのか? そして、そんなオフィスデザインを作るための費用を捻出するにはどうすればよいのか? 企業にとってのオフィスデザインの考え方や、それをどう働き方改革に結びつけていけばよいかについて、それぞれの分野で活躍している3名の専門家が熱く語り合う。

Speaker登壇者

  • 株式会社スリーエー・コーポレーション
    代表取締役

    萩原 大巳はぎわら ひろみ

  • 環境スペース株式会社
    代表取締役

    嶺島 伸治みねしま しんじ

  • 株式会社パジャ・ポス
    代表取締役

    池本 克之いけもと かつゆき

「マネジメント」と「空間デザイン」の専門家と共に考える

萩原今回は、「マネジメントデザインから始める働き方改革とは?」をテーマに、お二人の専門家をお招きしてお話をしていきたいと思っています。まずは、人間の心のマネジメントを得意としていらっしゃる池本社長から自己紹介をお願いします。

池本パジャ・ポスの池本です。私は、組織学習経営を提唱していますが、その中でも特にチームシップを大切にしております。それは何かというと、一人よりもチームで取り組む方が、より生産性が上がり高い成果が出るのではないかということです。そこから考えると、多くの人が働く場所としてのオフィスの在り方は、非常に重要なものと考えています。

萩原ありがとうございます。次に、防音や防臭という専門的な技術を駆使しながら、さまざまな空間デザインを手掛け、ご本人も建築士でいらっしゃる嶺島社長から自己紹介をお願いします。

嶺島環境スペースの嶺島です。弊社では、「音」と「匂い」の対策に取り組みながら、店舗内装やオフィス設計などを手掛けています。最近では、音をシャットアウトするサーバールームを作ったり、匂いを遮断しながらキッチンをオフィスの中に作るなどの例もあります。近年の働き方改革の流れの中で、実に多様なオフィス空間のニーズが高まっています。

萩原最後になりましたが、スリーエー・コーポレーションの萩原です。私は、オフィスの原状回復費査定の専門家です。企業がオフィス移転する際には、必ず原状回復費を提示されますが、その金額はビルオーナーや管理会社によってまちまち。その不透明な業界の悪習に対して、適正な価格にするための査定や交渉を行っています。

生産性を上げるオフィスとは?

萩原まずは生産性を上げるためのオフィスデザインについて考えていきたいと思います。社員のモチベーションを上げて、その結果、生産性を高めていくにはどんなことが必要でしょうか。池本社長はどのようにお考えですか?

池本私は2つあると思います。ひとつがロケーション(環境)、もうひとつがファシリティ(設備)です。都会の企業が田舎に移って、自然に囲まれた古民家などをオフィスにすることがあります。これは、ロケーションを変えることで生産性を高める例です。一方、会議スペースに背の高いテーブルだけを置いて、立ったまま会議を行うしくみにすることで、時間をかけずに効率的に終わらせることができる。これは、ファシリティを変えることで生産性を上げる例です。

萩原なるほど、環境や設備を変えることで、生産性向上を目指すということですね。防音工事のスペシャリストであり、建築士としても多くの実績をもつ嶺島社長はいかがでしょうか?

嶺島最近のお客様の依頼で多いのが、遊びのあるオフィス空間です。たとえば、カラオケルームを作ったり、カフェのようなスペースを作ったり、撮影スタジオを作る例があります。社員をリラックスさせてやる気を引き出すだけでなく、その空間でミニコンサートをして集客につなげたり、はたまたコンテンツを作って発信していくなど、一見すると無駄に思えるような空間を、生産性を高めるために利用しているんです。

イノベーションが起こるオフィスとは?

萩原さらに、生産性を高めるだけにとどまらず、イノベーションが起こるオフィスへと高めていくには、どのようなことが必要だと考えられますか?

池本イノベーションは簡単に言うと、変化の刺激だと思います。いつも同じ時間に来て、同じ空間で働き、同じ時間に帰るような単調な流れでは、新しいことは生まれにくいと考えます。ある会社では、オフィスの中にトランポリンを置いて、ぴょんぴょん跳ねている人がいる。あるいは、打ち合わせスペースにファミレスのようなシートを配置して、誰でも自由に参加できるスタイルにしているところもあります。私は脳の専門家ではないですが、さまざまな刺激で脳を活性化させることで、新しい発想が生まれる種につながるのではないかと考えています。

嶺島これは環境スペースで手掛けた過去の事例ですが、瞑想空間を作ってほしいという依頼がありました。心臓の鼓動が聞こえるくらい静かな空間にして、壁は全面、炭にしてほしいというオーダーもありました。この空間で瞑想をし、アイデアがひらめいたら、炭にチョークで書くというしくみです。イノベーションを起こすための瞑想空間、なかなか面白いアイデアだと感じました。

萩原私が思うのは、イノベーションを起こすのに、こうやったら正解というものはないかもしれませんが、会社の中の強みやユニークさを分析するということも大事かもしれません。スリーエー・コーポレーションの社名の由来は、ひとつ専門を持った人が3人集まると、大きな力を生み出せるという意味が込められています。つまり、個人ではなくチーム力こそが、イノベーションの源泉になると考えているんです。

オフィスデザインの費用を、原状回復費から生み出す

萩原生産性やイノベーションを上げるためのオフィスデザイン、いろいろなアイデアが挙がりました。より良い場所にオフィスを移転して環境を変えたり、オフィスの中にしかけを作ったり、その実現のために必要になってくることはどんなことでしょうか?

池本一番のネックは予算じゃないでしょうか。導入したらコミュニケーションも活発になり、職場も活性化するかもしれない。でも、いくらかかるのかを考えると、経営者はなかなか踏み出せないと思います。

嶺島確かに、なかなか資金的な余裕がないと、イノベーションにつながるような、遊びのある空間には投資はできないかもしれませんね。

萩原私の方からひとつ提案したいのが、オフィスを移転する際に、必ず発生して来る原状回復費を下げるということです。原状回復費は、予想以上に高額で請求されることがあります。不動産の知識が難しく素人にわかりにくいことなどから、まだ使えるのに壊して新しい設備を導入したり、無駄が多いためです。その費用を下げることで、オフィスデザインの費用に活かしてもらいたいんです。

池本オフィス移転の際には、あらかじめ支払っている敷金の中から原状回復費を払うわけですから、正当な値段に引き下げることができれば、その分で浮いたお金が返って来るということ。それを、オフィスデザインに活用するのは非常にいいアイデアですね。

萩原原状回復費は、敷金の90%近くを請求され、それを50%以下にした例もあります。オフィス移転される方をアドバイスし、サポートしていくことが、スリーエー・コーポレーションの使命だと考えています。適正な価格に抑えることで、その浮いたお金を、今回話してきたようなオフィスデザインのような、未来に投資するような使い道に回してほしいと思っています。

無駄な費用をおさえ、オフィス改革を断行する

経営者には、働きやすいオフィスを用意し、社員の生産性を高めイノベーションを起こしていくことが求められている。その手段として、より良い環境にオフィスを移転したり、社内にユニークなしかけを作ったり、さまざまなオフィスデザインなどが考えられる。実践すれば成果が出ることはわかっていても資金が必要、二の足を踏む人も多いだろう。

そこで提案したいのが、オフィス移転の際にかかる原状回復費を引き下げること。(株)スリーエー・コーポレーションでは、無駄が多く合理的ではない業界に対し、原状回復費の適正化にメスをいれている。そこには「浮いたお金を、生産的で革新的なことに使い、社会全体がより良い進歩を遂げて欲しい」という願いが込められている。