Q1 原状回復と現状回復 どこが違うの?

一定の事実によって法律関係が変化した場合に、それを再度もとの状態に戻す事をいいます。
ここでは国内法上、借地借家法の原状回復と現状回復について解説します。
原状回復の「原状」とは、借りた時の状態を指し、現状回復の「現状」とは今現在の状態を指します。原状回復とは、借りた時の状態に回復する事を指し、現状回復は誤りになります。

借地借家法で、入居工事(レイアウト変更)などを原状変更というのも、上記の理由によるものです。